HOME>記事一覧>可視化されたデータを元に節電や自動制御が可能

電力の見える化で節電が可能

男性

Building Energy Management Systemの頭文字を取ったBEMSは、病院や介護施設、商業施設などで使用される電力を管理するシステムです。建物内のエネルギーがどこで、どれくらい使われているかのデータを集計して分析を行い、結果をグラフ形式などで表して電力消費の見える化ができるサービスとなっています。効率良く電力を使用して節電をすることが可能なため、結果的に経費削減へと繋がりますが、環境にも優しいので脱炭素社会の実現へ貢献することもできます。なお、初期費用はかかりますが、BEMSの導入後は電力使用量や費用を大幅に抑えられるケースが多く見られます。

余分な電力消費をシャットアウト

また、BEMSは様々なデータを元にどこの電力が無駄に使われているかを判断し、自動制御のシステムを発動して使用しなくてもよい場所の電力を抑える機能を持っています。例えばエレベーターや照明、空調などです。なお、人が多い場所や24時間快適な室温を提供する必要のある施設では、体感温度に響かずに自動制御をするシステムの利用も可能となっています。可視化された電力情報の共有や自動制御のサービスは、おのずと従業員同士からも節電の意識が高まります。そのため、法人運営を行っている方にとっても有用なサービスと言えるでしょう。

広告募集中