どのような特徴があるのか

システム

BEMSとは、オフィスビルや商業施設などを対象としたシステムのことを指します。システムでは、電気やガスなどのエネルギーの使用状況を見える化できるという特徴があります。見える化することによって、エネルギー使用状況の確認だけではなく、分析や自動制御などを通して全体的なエネルギーマネージメントが可能になります。またBEMSは、Building and Energy Management Systemの略で、日本語にすると「ビル・エネルギー管理システム」になります。実際に導入する場合には、各種センサーや監視装置、制御装置などをつけて使っていくことになります。業務用の建物のエネルギーを一括で管理し、より良い状況に整えていくのがBEMSの担っている役割です。

見える化で何が変わるのか

システム

BEMSの仕組みによってエネルギーが「見える化」できると言われても、具体的にどのようなメリットがあるのかイメージできないという方もいるでしょう。実際にBEMSを導入すると、電気やガスなどのエネルギー使用状況や設備機器の稼働状況を専用端末やパソコンからチェックできるようになります。エネルギーがいつ、どこで、どのように使われているのか把握することで、建物の省エネのために何が必要か考えるきっかけを作ることにもつながります。ビルの省エネについて考えていても、エネルギーを多く使っている部分がわからなければ、どのような方法が省エネのために効果的なのか見えてきません。エネルギーを多く使っている箇所がわかれば、その点を中心に節電対策などを行うことで、省エネ対策を始めやすくなります。ほとんど人が使わないエリアの空調の調整など、ビル全体のエネルギー状況を踏まえて、できる対策から始めていきましょう。

自動制御ができることに注目しよう

仕事

BEMSの仕組みを導入するメリットの1つが、設備機器の自動制御が可能になるという点です。空調や照明などの節電を心がけていても、人の手ですべてを行うのには限界があります。ですがBEMSを導入することで、空調や照明などを自動制御にできます。自動制御にすることで、人感知センサーによって、人がいるエリアは電気をつけたり過ごしやすい温度に調整したりすることが可能です。このような仕組みがあることで、人がいる部屋だけ電気をつけて、空調を優先的に使えるため、省エネ対策につながる形でエネルギーを管理することにつながります。自動制御はお金がかかると考えている方もいますが、無駄なエネルギーを減らせるという意味では節電につながる大切な要素です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中